2006年12月04日

またも音楽ネタ

Jesse Powell.jpg'96にジョー・サイラスの肝入りでデビューした正当派シンガー『Jesse Powell』'01の3rdJP

2年ほど前にインディーからリリースされた4thは未聴ですので
ボクとしてはこれが彼のベストアルバムカラオケカラオケカラオケカラオケ
収録時間約54.5分12曲とコンパクトにまとめられ
出来の悪い曲をずらずら並べられるよりはずーっと聞きやすい本作
曲もパラエティ豊かでプロ陣もD.Thomas, Tim & Bob, F.Jerkins and more と複数招かれ
うちセルフ2曲(11)(12)は少々.....ん?(・_・)ではありますが
彼との相性をしっかり考えらた人選らしくどれも的確なJobで佳曲揃い。
特に抜群の相性をみせるのがドラマチックなバラが真骨頂のDamon Thomas!
(2)If I (10)Take My Breath Awayと2曲やってますが特に前者はサイコー!!
いや〜それにしてもこの人ホント、歌がんまい( ̄ー ̄)
最初は静かに語りかける様に歌い出し、中盤は静かでも力強く
後半解放するかの如く伸びやかなハイテナーを駆使して歌い上げる様は圧巻
....しかしこんだけ実力があってイイ曲もやってんだけど
日本じゃあんまし人気がないんだよね〜〜〜残念(´ヘ`;)
posted by やぎ at 14:09| Comment(4) | TrackBack(0) | R&B | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぇし・ぱうえるは、'96の1stがサイコーです!日本では、この方、あまり売れてない感じがしますけど、'98年に'You'という曲がそこそこヒットして、その時に彼の存在を知りました。

実は、トーネイの'You'をここで知って、すぐさま私の頭に浮かんだのは、このJesse Powellの'You'だったのでした。
Posted by kyoko at 2006年12月05日 23:17
Re : kyokoさん

最近2〜3年前のモノばっかりよく掘ってます。(笑)
なぜイマなのかは自身も謎?

1stも良かったっすね〜(^-^)g
“You”のスマッシュhitのおかげで2ndにも再収録されましたもんね。
ボクは彼を聴いてるとむしょーにビリー・ポーターとジェシ・キャンベルを思い出します。。。
前者は歌巧者として後者はハイテナーつながりで.....(・_・)
Posted by やぎ at 2006年12月06日 01:23
そうそう、ジェシ・キャンベルもいいですよね〜。

ところで、こないだの土曜日、ジョニー・ギルのライヴ行ってきました。
ギルの生歌声を堪能できたのは良かったんですが正味50分しかやってくれず、アンコールも無しで残念。バンドメンバーも3人でした。ブルーノートっていう場所が、お食事&お酒を楽しみながら音楽を聴くっていうコンセプトなので、仕方ないのかもしれませんが。
Posted by kyoko at 2006年12月25日 22:30
Re:kyokoさん
ジョニー・ギルかぁ・・・いいな〜至福の50分。
もうLSGもないだろーし、ベテランはコマーシャルじゃないからキャリアが心配になっちゃいますね。
実力派はハネモノあんまりやらないから・・・だからい〜んだけど。
Posted by やぎ at 2006年12月28日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。